3月4日(水) ー和紙に絵の具スタンプー

今日は、タンポを使って、

長い和紙に絵の具スタンプをしました。



今日はどんなことをするのかな?

興味津々な表情でお話を聞いている子ども達。

そして、初めて見る長~い和紙の上を歩いて、

ワクワクしています。





試すように1つ2つとやり始めた子ども達。



絵の具をつけて、和紙にポンポンとすると

色が現れることがわかると、

すぐに大胆にタンポを動かし始めました。

ポンポンするだけでなく、

横に動かして線描きする子。

別の色もつけて

混ざった色が現れるのを楽しむ子。

友達と一緒にして喜びあっている子。

タンポを何本もまとめてすることを思いついた子。



手や足についた絵の具に少し驚き、

感触を確かめながらじっと見て、

最後には、自分で手足に塗るのも

楽しくなっている子ども達でした。





思い切り遊んで、

自然にお片付けの様子になると、

ウエットティッシュで自分についた絵の具を拭いたり、

雑巾でシートや床についている絵の具を

拭いたりすることまで楽しむ姿が見られました。





保育者はタンポと和紙を用意しただけでしたが、

子ども達は遊びながら自分達で色々な楽しみ方を見つけていました。

同じ絵の具を使った遊びでも、

また違った素材で、または戸外で等々、

これからも工夫して遊んでみたいと思います。





一つの素材から、様々な遊び方を生み出す

子ども達の想像力は、日々大きく成長しています。