冬のまめの木展



ひさしぶりのブログ更新です。

寒さが身に染みる今日このごろ、みなさまいかがお過ごしでしょうか。


つながりシェア保育園・よよぎうえはらでは、過ぎ行く1年を祝う会を開催しました。

名付けて、「冬のまめの木展」。

(パンフレットはこちらをクリック→)mamenoki_panf

「まめ」はホームページのイラストにも多用しているように、つながりシェア保育園の隠れたテーマです。

毎月の園だよりも「まめだより」と名付けています。

ちいさい丸いまめが、皮をやぶってぐん!を芽をのばすさまは、子どもたちの成長を思い起こさせるものです。

まめのように秘められた子どもたちのパワーを尊重しよう、

ゆたかな土壌をととのえよう、という保育者の想いが込められています。


★さて、「冬のまめの木展」では、メインテーマとして日々の写真や子どもたちの作品を展示しました。

テーマごとに写真とコメントをまとめて展示し、これまでの活動のながれと、子どもたちの変化を振り返りました。

同時に、展示しきれなかった写真を1,000枚以上、スライドショーで投影しました。

「こんなに小さかったのね!」と大人たちは大盛り上がり。自分の姿を見つけるとうれしそうに誇らしげにする子どもたちの様子もみられました。








★クッキーやさん



最近、クッキングを毎週のようにたのしんでいる2歳~3歳の子どもたち。

おやつのすいとんやピザを作ってきた流れから、

まめの木展でクッキーやさんをひらいたらどうかな?!とアイデアが湧いてきました。

最近はおみせやさんごっこも一大ブームでした。

材料を買いに行き、生地を混ぜて、こねて、寝かせて、型抜きをし、焼けたら試食。

そして袋につめる。

看板をつくり、お母さんやお父さんに「どうぞ!」と言って配りました。

すべてを自分たちの手と頭で。とってもおいしいクッキーでした!








★おたのしみ会@つながりシェアハウス

園の2階はシェアハウス。第二部として、お茶会をしつつ、親子でクリスマスのオーナメント作りをたのしみました。

毎日のお散歩であつめた木の枝やまつぼっくりなどをつかって、毛糸を組み合わせて自由に工作を。

素敵な作品がいくつもできました。交流の場にもなりました。







オーナメントは前日からの仕込みが効いていました!一生懸命絵の具でぬったんです。







★保護者の方々から写真をお持ちいただいて、おうちでの様子をシェアする「持ち寄り写真展」も同時開催しました。

園での顔と、おうちでの顔は少し異なります。普段みれない子どもたちの姿を関わる大人みんなで共有できた素敵な時間になりました。


まめの木展と、持ち寄り写真展は来年初旬まで展示中。

どうぞお立ち寄りください。


みなさまにとって来年もすばらしき1年になりますよう、心からお祈り申し上げます。