Blog

寒天で感覚あそび

8/13


お盆期間、たくさんのお友達がお休みでしたが、

1歳さんと2歳さんで、少人数で寒天遊びを行いました。


この日のためにいろんな色の寒天を用意していた先生。

まずは白、次に黄色、青、赤、緑、と、少しずつ色々な寒天を机の上に出していきました。

だんだん色の幅が広がることで、こどもたちの遊びの幅も段階を踏んで広がっていったようです。


最初はこわごわ寒天の感触を味わっていた子どもたちも、




少しずつ包丁やスプーン、コップを使って、切ったりまぜたり、入れたり出したりし始めます。

器用な包丁使い!









色の寒天が混ざってくると、小さく切ってお皿やコップに入れてみました。


似た色同士を選んで集めているような姿も。










最後にライトテーブルを出して、

細かくなった寒天を並べてみたり、上で動かしてみたり、光による色合いの変化を楽しみました。

色と光の関係を遊びの中で経験します。







五感のなかの触覚と視覚を刺激する寒天あそび。

みんな集中してそれぞれの世界を作り出していました!

8月園だより ~よくばりな日々~



(以下、園長先生のお手紙)

・・・


先日、60年振りくらいに車のドアに手をはさんでしまいました。

すぐに、アイスノンや氷で急冷。

丸一日冷やしに冷やした甲斐あって2日目、3日目は何事もなかったように、

腫れず骨折もせずに済みました。


冷やしている最中、60年ほど前、まだ自家用車が普及していなかった頃、車のドアに手を挟み、

爪がはがれた時の痛さが身体中に蘇りました。挟んだ指先から10歳くらいのその時の情景、

母からかけられた言葉、友達の顔などが忘れられずに次から次へと浮かんでくる。

忘れていた60年前の痛みは、身体に、心にしっかり残るものだなと改めて感じました。


毎年夏になると、いろいろな痛ましい事故が起こります。

小さな子どもたちの心のキズだけは、大人がしっかり守ってあげなければとおもいます。

子どもとの対話が多くなるこの季節。

親の方もちょっと疲れたなとおもったら、気分を変えて美術館へいってみませんか。


町田には、図書館や文学館、こどもセンター、公園がたくさんあります。

そう、私の目の前には、はまぎんこども宇宙科学館のパンフレットもあり、

地域や企業でも子どもたちとのつながりの企画を提供しています。


いろいろな方向からの「力」を借りて、子育てを楽しんでみましょう。

どんな事でも、保護者の皆さんと一緒なら、子どもの心に残るはず。

楽しい夏をいろいろな知恵で乗り切りましょう。


園長 齋藤美智子


バナナクッキー作り



つながり保育園・まちだでは、園での出来事を記録し、共有するために

『ドキュメンテーション』を取り入れています。


大きなイベントだけでなく、日常の中の何気ない風景も記録し、園で貼り出すことで、

保護者の方に子どもたちの日々の様子や成長を感じていただけるよう心がけています。


昨日はクッキングの時間で、バナナクッキー作りをしました♪


7月19日 とうもろこし

7月園だより

7月 よくばりな日々


《園長先生より》

・・・いよいよ熱い夏に入ります。
ご家族と園と共に小さな子ども達の心と身体を<健康と安全>を心がけ配慮してまいりましょう。


さて日本の夏は2ヵ月の間がピークとなり、着物では絽(ろ)や紗(しゃ)の生地になります。

もうすぐ夏になりますよーの6月と、秋になりますよーの9月が単衣(ひとえ)仕立ての着物を着ます。

四季折々の風習や、行事、食べ物等海外の方々は<神秘的>とも表現しているようです。

7月、8月は文化的・伝統的まつり事を体験すると思われますので、様々な日本文化を意識しながら、

こども達に言葉・環境を通していろいろなことを伝えていきたいと思っています。


二人の孫たち(4年生の男の子)からお誕生日プレゼントをもらいました。

一人は、ミントのハーブで自分で染めた布地のちくちくクッションカバー。

もう一人は、フエルトとダンボール紙をちくちく縫った二個のお守り。

毎日運転する、車の中で使っていますが、<染める><お守り>という日本文化を

小さい頃保育園、幼稚園で教えてもらった事を実践していて、うまく伝わっているぞ~と思ったりしています。


つながり保育園でも昨年は、子ども達といろいろな物を染め、藍染めもしました。

今年も9月早々には藍染めをしたいと思い、藍の苗を育てています。

保護者の皆さんと一緒に<藍染め>してもいいかな・・・楽しみです。


                  園長 齋藤美智子


【7月の予定】

4日   かんじるじかん
9日   お誕生会
10日   おはなしポン
13日   おと遊び 2歳
18~20日 個人面談
24日   身体測定
      避難訓練
25日   かんじるじかん
27日   おと遊び


《夏に流行する風邪》

☆手足口病
 手や足、口内など全身に水泡を伴った発疹が現れ
37~38℃程度の発熱を伴う。
 子ども自身は比較的元気だが、口内炎ができると食べ物がしみるため食欲が低下する。

☆ヘルパンギーナ
 喉の奥にたくさんの水泡ができ、2~3日で潰瘍になり痛みが酷くなるため
食欲が低下し39~40℃の高熱が出る。手足口病の様な全身発疹は出ない。

☆咽頭結膜熱(プール熱)
 38~39℃の熱が3~5日ほど続き、強い喉の痛みや結膜炎を伴う。
熱が下がりにくく、喉の痛みによって水分を取りづらく脱水症状を起こす事もある。
いづれの病気も特効薬はなく、治療法はありません。 水分と栄養補給に気をつけて自然治癒を待ちましょう。

・・・子どもたちの様子(ぽかぽかさん)



・・・子どもたちの様子(ぐんぐんさん)




(よくばりな日々のpdfファイルはこちら↓)
1 2 3