寒天で感覚あそび

8/13


お盆期間、たくさんのお友達がお休みでしたが、

1歳さんと2歳さんで、少人数で寒天遊びを行いました。


この日のためにいろんな色の寒天を用意していた先生。

まずは白、次に黄色、青、赤、緑、と、少しずつ色々な寒天を机の上に出していきました。

だんだん色の幅が広がることで、こどもたちの遊びの幅も段階を踏んで広がっていったようです。


最初はこわごわ寒天の感触を味わっていた子どもたちも、




少しずつ包丁やスプーン、コップを使って、切ったりまぜたり、入れたり出したりし始めます。

器用な包丁使い!









色の寒天が混ざってくると、小さく切ってお皿やコップに入れてみました。


似た色同士を選んで集めているような姿も。










最後にライトテーブルを出して、

細かくなった寒天を並べてみたり、上で動かしてみたり、光による色合いの変化を楽しみました。

色と光の関係を遊びの中で経験します。







五感のなかの触覚と視覚を刺激する寒天あそび。

みんな集中してそれぞれの世界を作り出していました!