日常のなかから…がたくさんつまった修了式…これからも、いつでも居場所に!

  第52回修了式が無事行われました。 ホールの片面をすべて開けて風通しをよくし、 保護者席は、かなりの間隔をとり、実施いたしました。 子どもたちが4人一度にステージにあがり修了証書を受け取り、保護者の方に渡していきました。   ステージの装飾は、子どもたちと数日前に、近くのお寺の山に枝を取りに行って それを、アキーバさんがアレンジしてくれました。 ホールの窓に合わせて、「このくらいの長さかなぁ」と紐をあてて「これは、オッケーだよ」など 自分たちで枝を選んでいました。 採った枝は、それぞれの子どもたちの想いがつまっていて、 一本残らずアレンジに使ってくれたことにとても心が温まります。   コサージュも、自分で自由につくったので、ひとつひとつこだわりがあります。 保護者の方々も、同じ素材で自由につくったのをつけています。         卒園生の担任たちも、こころからほっとしています!           これから先も、ずっとずっと、つながっていきましょう!